不二商事は中川運河再生計画を応援しています。
中川運河は大正時代から昭和初期にかけて鉄道で運ばれた貨物をから港へ運ぶ運河として造られました。
堀止のある名古屋市中川区運河町から河口の名古屋港までの間にはいくつもの橋が架けられています。
松重閘門のような風情のある歴史的建造物が残る名古屋の名所の1つでもあります。
名古屋市では中川運河の水質汚濁を防ぎ、川への親しみを取り戻せるようにという再生運河計画が進められています。